忍者ブログ

アニメのマニアなメニア

さかさでいこう

entry_top_w.png
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

entry_bottom_w.png
entry_top_w.png
いいことあるさと

思いながら

日々を過ごしていたのですが


なんだか


不穏


なんだか


いいことが


あまりおきない


よりは


いいことがない


いいことがないと

きがめいる


なんだか

悪循環に陥っているようなきがして


ならない


どうにかならんかね??

PR
entry_bottom_w.png
entry_top_w.png
がんばりマッスルですな

なんだか大変ですが、少しだけ光明がみえてきたような

そんな光が見えてきました

いろいろあるけれど

継続しないと

その

結果は見ることができない

努力をしないと

成果が現れるかも分からない


要は


トライ DOをしてみないと


どうなのかわからない


だから


やることの大切さをしる


失敗しないと


わからないこともたくさんあります

別に時間に余裕があるわけでもなく

だからこそ

真剣勝負なんです

なんでも


がんばるぞ!!!!!


工事中


でしょ???
entry_bottom_w.png
entry_top_w.png
保護でなくて

逮捕??

なんだか難しい世の中

もっと、おくが深い問題なのかと思っていたものの

単純なカンニングなんて

ちょっと拍子抜けですね

なんだか

面白くない、もっと 大人への挑戦だったら

すっごく

いいかたがあっているかどうか、分かりませんが

応援したくなる

それが

こんな結末ですからね


普通でしたね


歩く
entry_bottom_w.png
entry_top_w.png
ふじこスペシャルの最終回


あにめ版のふじこさま


ここが


みんなが一番よくしる


ふじこさまである


とくと


ご堪能アレ


誰もが見惚れるグラマーな美女だが、性格は外見に反して金や宝石に目がない悪女。経歴などにおいて不可解な部分が多い。

愛用の拳銃はFN ブローニングM1910。これは、初期シリーズ作画監督の大塚康生が麻薬取締官当時に携帯を許されていた拳銃であるらしい。拳銃以外ではサブマシンガンを好んで使用する。ルパン三世 ワルサーP38ではシグ P230を使用していた。愛用のタバコはモア・メンソール。但し、ヘビースモーカーのルパンや次元と違い、不二子がタバコを吸う情景は、全作を通して殆ど存在しない。愛用の香水は「シャネルの5番」である。

ルパン同様、一応泥棒であるが、時々政府機関や各国政財界の大物から特別な依頼を受けたり(『ルパン三世 PartIII』第20話 他)重機銃を軽々と扱う高度な機械技術、一般女性を遥かに上回る身体能力、色仕掛けを含めた巧みな話術で相手を翻弄する戦術知識を備えている。

アニメの不二子は、話によっては男性ゲストキャラと結婚直前もしくは結婚式を挙げることがある。その場合、相手は必ず大金持ちであるか、貴族階級の二枚目である。全ての結婚・婚約は、結局履行にまで至っていない。

『ルパン三世 DEAD OR ALIVE』では自分よりはるかに大柄で筋肉質の相手(女性)を投げ飛ばす描写があり、同作品では不二子が武術の達人という設定である。また徒手空拳で敵集団と大立ち回りを演じるシーンもある。

霧のエリューシヴでは、500年前の先祖として盗賊の「お不三」が登場している。気の強さや、お宝への執着心などが不二子と共通しており、これらの気質は子孫に色濃く受け継がれているようである。担当声優は関根麻里。
また、2883年(2007年から876年後)の子孫はショートヘアで、裏切り癖の血筋が引き継がれているようであった。声優は日本テレビアナウンサーの西尾由佳理。

アニメではルパン三世との最初の出会い場所はギリシャのパルテノン神殿という設定にされている作品もある。

不二子は瞳のデザインを重視している女性キャラクターであるため、作画の変化が最も激しいキャラクターである。







瞳が重要らしいです


そうらしいです


WII
entry_bottom_w.png
entry_top_w.png
続 ふじこの特徴


WIKIさんより


原作ばんよりの


説明


なるほどと思わせるところが


たくさんある


オトコの夢である


ふじこさま


では、どうぞ



ルパン三世一味の紅一点。ある時はルパンの敵であり、味方であり、時には恋人である(敵として登場することが多い)。原作では一貫した人物設定はなく、話により異なった謎の人物として登場する。例えば11話では古い知人、19話では部下の一人、20話では婦人秘密捜査官、30話では探偵社の社長、64話ではルパンの入学した東西京北大学の先輩(銭形警部も同大学に在籍)、66話では同じ大学の同じ学部の同級生、69話では敵対組織ネズミ一族の一人、75話では不私刑(フリンチ)の部下、という具合で、知り合い・仲間ということもあれば初対面の赤の他人ということもある。ちなみに第11話では医者の父親を、第24話では科学者の兄をルパンによって殺されている。初回登場は原作第3話『死んでゆくブルース』であり、ルパンと共謀して罪を犯す。『ルパン三世・新冒険』よりルパンの仲間として人物が固定される。

固定後の不二子は、むしろルパンに冷遇されることが多い。男爵との勝負では次元・五ェ門の救出を優先して不二子を男爵に譲ったり、不二子をクビにして別の従順な女性をメンバーにしようとしたこともあった(この時は、次元も五ェ門も不二子の擁護に回った)。「ボディ・スチール」では、アニメでは最終的に老人の脳と交換されるのは銭形だったが、原作では不二子である。ルパンの「お前と組むのはベッドの中だけと決めてるんだ」というセリフが全てを物語っているといえよう。逆に次元や五ェ門らから疎まれることはほとんどなく、「キャ!!デラックス」で五ェ門に小悪魔と評された以外は悪く言われたことはまったくない。

名前の由来は、アルセーヌ・ルパンが登場する江戸川乱歩の『黄金仮面』の登場人物という説がファンの間で唱えられることもあるが、作者モンキー・パンチは名前を考えていた時、目の前にあった富士山のポスターと、自分の吸っていたたばこの「峰」を合わせたと、『トゥナイト2』のインタビューで語っている(『トリビアの泉』では「富士山の峰」が由来と紹介)。

オートバイにツナギで疾走するイメージから、モデルは映画『あの胸にもういちど』のマリアンヌ・フェイスフル(ローリング・ストーンズのミック・ジャガーの元恋人)とも言われるが、実際には、同映画は峰不二子登場の一年後(1968年)の作品であり、原作者からも完全否定されている。他方、アニメ製作会社サイドは「もしかすると(アニメ作画の時点で)映画のイメージを参考にしたことはあったかもしれない」と不完全に否定している。

実際に不二子のイメージ・モデルとなった人物は、小説「三銃士」に出てくるミレディーである。しかしこれは原作者自身も、後から気づいたそうである。とあるDVDの特典映像のインタビューではいろんな雑誌のモデルの女性を描いているうちに不二子が思い浮かんだと答えていた




う~~~~~~~ん


serial
entry_bottom_w.png
次のページ >>
[1]  [2]  [3]  [4
plugin_top_w.png
カレンダー
11 2016/12 01
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
plugin_bottom_w.png
plugin_top_w.png
最新コメント
plugin_bottom_w.png
plugin_top_w.png
最新トラックバック
plugin_bottom_w.png
plugin_top_w.png
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
plugin_bottom_w.png
plugin_top_w.png
バーコード
plugin_bottom_w.png
plugin_top_w.png
ブログ内検索
plugin_bottom_w.png
Copyright アニメのマニアなメニア by No Name Ninja All Rights Reserved.
Template by テンプレート@忍者ブログ
忍者ブログ [PR]